メニュー

帯状疱疹ワクチン

[2024.01.24]

最近テレビやポスターなどで目にすることが多い「帯状疱疹ワクチン」についてお話します。
帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスでおこる皮膚の病気です。年齢とともに免疫力が低下し、80歳までに3人に1人が発症するとも言われています。
体の左右どちらか一方に刺すような痛みや真っ赤な斑点、または水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。合併症や後遺症もあり、治癒した後も苦痛が持続することがあります。気になる症状があれば、とにかく早めの受診をおすすめします。


帯状疱疹は、ワクチンを接種することで発症予防、重症化予防が期待できるとされています。当院では50歳以上の方を対象に接種をおすすめしています。ワクチンは2種類あります。

◎水痘.帯状疱疹ワクチン(生ワクチン)

◎シングリックス(不活化ワクチン)
一回接種 2回接種(2ヶ月あけて)
8400円 20000✕2回(計40000円)
発症予防50% 発症予防97%
帯状疱疹後神経痛30%軽減 帯状疱疹後神経痛88%軽減
効果持続期間5年程度 効果持続期間10年以上

ワクチン接種には電話か来院時の予約が必要となります。

帯状疱疹罹患した方には数年経過してからの接種を推奨します。

是非ご相談ください。
お待ちしております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME